院長ブログ

レーザー治療と鍼治療で新しい鍼灸治療

医学・医療 投稿日:2017年11月21日

鍼灸治療もやはり、進化する必要があるのではないでしょうか?

この業界に入って、20年以上経ちました。

 

20代の学生の頃は、経絡治療や中医学の勉強会に参加しましたが、

いつも疑問を感じていました。

 

特に経絡治療という古典的な鍼治療は、

当時、取得に10年かかると言わたものです。

 

この経絡治療というものは、橈骨動脈を触り、

肝だとか脾だとか、

陰陽五行論という東洋医学の伝統的な考えに基づいて、

治療を行うものですが、

これが、先生によって脈の取り方が全然違います。

 

学ぶ方にしたら、習得に時間もかかるばかりか、

先生によって言うことにバラツキがあるため、

非常に学びづらい思いがありました。

 

「これって、医学なんか?」

「もっと、理論的にシステマチックなやり方があるのでは?」

 

そんな疑問が、当時は勉強会に参加するたびに思いました。

 

別に、経絡治療がいけないというわけではありませんが、

なんだか、納得できない部分が僕にはありました。

 

 

今は、現代医学的な考えに基づいた鍼治療を行っています。

医学毎日進歩しています。

進歩した考えは積極的に取り入れる必要が

あるんじゃないでしょうか?

 

 

以前から、星状神経節ブロックに興味あったので、

昨年から、レーザー治療器を購入し、

鍼と併用して行っています。

(こちらは、事前予約が必要で治療費に+500円かかります)

 

 

おもに、不妊、妊活中の方におこなっていますが、

リウマチのように自己免疫疾患も鍼と併用することで、

効果が期待できると思います。

 

 

星状神経節以外にも、鍼治療と併用して、

膝にも直接、照射が可能です。

 

 

東洋医学的技術を用いて、治す原理は西洋医学で的に行い、

技術的な進歩の部分も取り入れれば、

新しい鍼灸治療になるのいでは、ないでしょうか?

 

 

治療のご予約は、こちらまで。

電話 06-6170-9671

 

治療に関する質問などはこちらまで。

クリック

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い