院長ブログ

乳癌の抗癌剤治療による副作用、足のしびれについて

痛みこり 投稿日:2018年02月22日

乳癌、卵巣癌、胃癌、子宮体癌で使用される抗ガン剤による副作用の1つに、

足の裏や手のしびれというものがあります。

 

多い症状は、足の裏がじゃり道を歩いているような感覚だったり、

筋肉痛やこむら返りなどになります。

 

ひどい方は、足を切りたいほどしびれが出るという方もいます。

 

抗がん剤の副作用は、

パクキタキセル(タキソール)という抗癌剤を使用した時に現れることが多い。

 

 

この手足のしびれは、末梢神経障害といい、

5~6割の方に出現すると言われていますが、

使用した人のほとんどに症状が現れるのが現状です。
治療の回数は、海外の論文では週に1回の鍼治療を7回が効果的となっていますが、

とりあえず、4回来ていただくことをお勧めしています。
これは、4回鍼治療を行っても、何も変化がなければ7回行っても、

効果が期待できないためです。

 

 

現在通院中の乳癌になり、タキソール系の抗がん剤を使用し、

1年半の間、足の裏全体にしびれが出ているという方が、

4回の鍼治療で、しびれが改善しました。

 

足の指も、1年半の間、曲げることができませんでしたが、

4回目の治療で、しっかり足の指をグーに握れるほどになりました。

 

 

 

 

また、足の指を開けることができませんでしたが、

こちらも、しっかりできるようになりました。

 

 

 

 

この方は、エスカレーターが、

怖くて乗れなかったと話されていました。

 

理由は、足の指の先が動かないので、

足先に体重がのせることができないためです。

 

そのため、後ろに倒れそうになるそうです。

 

今では、すっかりよくなったので、

エスカレーターも怖くないとのことです。

 

治療は、7回まで続けると希望されているので、

あと、2回で終了になります。

 

問い合わせはこちらまで

電話 06-6170-9671

 

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い