院長ブログ

抗がん剤の副作用による足のしびれ 末梢神経障害

痛みこり 投稿日:2018年01月25日

抗がん剤の副作用の1つで、末梢神経障害というものがあります。

 

これは、足の先や裏がしびれたり、

砂利(ジャリ)の上を歩いているような感覚が足の裏に起きるものです。

人によっては、手の指もしびれる人もいます。

 

 

症状の頻度としては、5~6割の方に出現し、

太ももの筋肉もしびれと同時にこわばる方も多いです。

 

使用される薬としては、

乳がん、卵巣癌、胃がん、子宮頸がんによく使用される、

タキソール系の薬剤でよく起きます。

 

このしびれに対して西洋医学では、

メチコバールやビタミンB12を処方されますが、

効果はあまり期待できないことが多いです。

 

そのため、しびれが出ている方はどうすることもできず、

我慢しているだけの方がほとんどです。

 

 

この、抗がん剤の副作用による手足のしびれに鍼治療は、

非常に効果があり、海外の論文でも報告されています。

 

鍼治療のやり方は、

足の末梢神経のポイントに鍼をして、パルスという電気を流します。

 

治療の間隔は、学会の報告では週に1回の鍼治療を7回行うと

効果が高いとの報告がありますが、

まずは、週に1回の鍼治療をまずは4回行ってみてもよいです。

 

 

鍼治療のスタートは、抗がん剤治療がスタートしてからが効果的ですが、

ある程度、時間が経過したものでも効果があります。

 

ただ、1年以上経過した方には、効果が出ない方もいますが、

これは、やってみないと分かりませんので、

まずは、週に1回の鍼治療を行ってみてください。

 

 

この、抗がん剤の副作用による末梢神経障害、手足の痺れに対しての鍼治療は、

一部の大学病院でも行われており、効果を上げていますが、

まだまだ、鍼灸院で行っているところは、少ないようです。

 

末梢神経障害でお悩みの方で、鍼治療を試してみようという方は、

一度、連絡いただければと思います。

 

問い合わせ電話 06-6170-9671

問い合わせメール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い