院長ブログ

腰痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症に牽引(けんいん)は効果あるのか

痛みこり 投稿日:2013年08月28日

 

■ 腰痛 脊柱管狭窄症 ヘルニアで牽引(けんいん)は本当に効果があるの?

 

 

腰痛持ちの方によく質問されるのが、

 

「牽引は効きますか?」

 

私の知り合いの整形外科の医師に聞いた話では、

この医師が学生の時にすでに牽引はあったとのことです。

 

と、いうことは・・・・

 

この医師は50代後半、

つまり30年以上前からある腰痛治療になります。

 

西洋医学は30年の間に、とても進歩しています。

MRIなどなど。

 

牽引は30年前から、まったく進歩していません。

 

では効果があって、現在も残っているのか?

効果は期待できません。

 

ただしプラセボ効果は期待できます。

 

この医師も話していましたが、

腰に20キロ~30キロの力を加えて引っ張るのは、

そもそも荒い治療になります。

 

こんなことが腰にいいわけはありません。

 

そうそう、

 

けっこう多いのが、これで腰の骨が動くと思っている方が多いことです。

 

牽引では腰の骨は動きません。

 

腰の手術ををする時に医師は、

色々な道具を使ってやっと骨を動かせられるわけです。

牽引で骨が動いたら大変なことになります。

 

ではなぜ、今でも牽引は残っているのでしょうか?

保険で請求をかけれるからです。

 

保険点数が取れるだけの話です。

そして、腰の筋肉の筋緊張も少しとれるので、一時的に楽なだけです。

私は究極のプラセボマシーンと思うのですが・・・・・・

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い