院長ブログ

癌の鍼治療 抗癌剤は使うな?

投稿日:2015年09月20日

最近、癌の鍼治療の問い合わせが続きます。

 

先日も、ステージ4の末期の肺癌の母親を持つ娘さんから問い合わせがありました。

「今日、治療できますか?」

と、問い合わせがありましたが、新規での当日の空きがないので、

今日の空きはないと伝えました。

 

治療で忙しい時の電話だったため、1時間後に手が空きますので、

その時に、あらためて電話をしてもいいかと、話したら、少し感じがおかしかった。

 

どうやら、今すぐとりあえず診てほしいようです。

 

気持ちは分かるのですが、さすがに癌の鍼灸治療の新規となると、

治療の方針や、こちらの考えを伝えてそれに納得していただいてからの治療になります。

 

電話があった時、少しこちらの考えを伝えました。

「癌を鍼灸治療で治そうと思うなら止めた方がいいですよ」

こう話した後、電話切り、時間が空いた時に電話するが出ない・・・

 

最近は某、先生の書籍などの影響もあり、

スタンダードな抗癌剤治療を拒否する人も多い。

 

極端なことを書けば、本は売れます。

抗がん剤は危険、実は抗癌剤で死んでいる、抗癌剤は増癌剤・・・

さも、事実のように書かれています。

 

私自身も数年前までは、そう考えていたし、そう考える勉強会に参加もしていました。

しかし、色々と知れば知るほど、気が付きました。

 

魔法はない

 

私自身、病院の東洋医学・リハビリ科で10年間、鍼灸治療をしてきました。

そこで、肺癌、乳癌、肝臓癌の方たちへの鍼灸治療をしてきました。

 

実際、余命3か月のステージ4の30代の方で、よくなり社会復帰した方もいましたし、

私の義理の母も5年前にステージ4手前の乳癌になり、

週に2回の鍼治療を行いました。

もちろん、抗癌剤と併用しても鍼灸治療です。

 

スタンダードの癌治療に鍼灸治療を併用することで、

役目を終えた抗癌剤の解毒も可能ですし、癌の痛みのコントロールも可能です。

 

義母は5年経った今では、乳癌発病前と同じように

元気でスポーツジムに通っています。

 

多くの方は、0か1で物事も考えます。

 

つまり、抗癌剤をするかしないか・・・

なぜか、両方することを選択しない方が多い。

(問い合わせの方には)

 

様々な治療を取り入れて、抗癌剤の治療に対処すべきです。

自分自身のベストミックスな治療を行えばよいのです。

 

 

 

 

 

 

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い