院長ブログ

抗ガン剤の副作用による、シビレを針治療で軽減

投稿日:2016年12月09日

母校で行われている、鍼灸免許取得者向けの講習会、

『専門臨床研修会』に参加してきました。

 

IMG_3963

 

今回は、《末梢神経障害に対する鍼治療》というもの。

 

この勉強会、卒業後の臨床勉強会で、

今まで年に1回の開催でしたが、今年は、全4回。

 

鍼灸治療は様々なやり方がありますが、

この母校で行われている講座は、現代医学に基づいた針治療です。

 

毎回、学術的な論文や研究データーから

最新の鍼灸治療を教えていただいています。

 

 

 

病院勤務時代から、

ガンの痛みや抗ガン剤の副作用を軽減を目的とした、鍼治療を行ってきました。

担当したガン患者のほとんどは、ステージ4、余命宣告を受けた方たちでした。

 

当時も今もガン患者への針治療は、

勉強会や書籍で学んんだやり方で対応していましたが、

今回学んだ方法は、とても効果的なやり方です。

 

 

 

癌の科学療法、つまり抗癌剤を使用すると、

足や手に何とも言えないしびれがでてきます。

 

おもな症状は以下

 

《 末梢神経障害 》(抗ガン剤の副作用)

 

・砂利道を歩いているような感じになる

・つまづきやすくなる

・小銭がつかめない

・ふくらはぎの違和感、ツッパリ感

・手足のしびれ(手だけ、足だけという人も)

 

乳癌の場合で考えると、

抗ガン剤の、「タキソール」(パクリタキセル)と言われる薬による副作用です。

乳癌、卵巣癌、胃癌、子宮体癌などによく使用される薬です。

 

 

この薬を使用すると手や足の指先にしびれが出てきます。

 

 

小林麻央さんも、この薬の副作用で苦しめられたことが、

ブログに書かれていました。

 

 

この抗癌剤の副作用に対して西洋医学では、「リリカ」を出します。

あとは、メチコバール、ビタミンB12です。

 

 

「リリカ」を服用して、指先のしびれが取れるのであれば、

服用し続ければいいのですが、思うような効果が出ず、癌患者の半分以上は、

副作用も強くでるため飲みたくないと思っているようです。

 

 

抗ガン剤の副作用による、末梢神経障害に鍼治療がとても有効的です。

実際、大学病院で行っているところもあります。

 

海外の論文にも効果があると、発表されています。

 

 

今まで、私が行ってきたやり方よりも、抜群に効果がでます。

 

この抗癌剤の副作用によるしびれ(末梢神経障害)の鍼治療の

通院回数は、週に1回で7回受けていただくことになります

(データからの通院回数)

 

03_16-007

 

 

抗癌剤を受ける前から、末梢神経障害への鍼治療を行えば、

手足のしびれや違和感を最低限に抑えることが可能です。

 

 

「鍼治療や東洋医学で癌は治せます?」

ということをよく聞かれます。

 

東洋医学でガンを治すことはできませんが、

ガンに打ち勝つ力、自己回復能力の手助けはできますし、

抗癌剤の副作用による、全身の倦怠感や背中などの痛みを

軽減させることは十分可能です。

 

 

『抗ガン剤の副作用による抹消神経障害』への鍼治療と,

全身的な倦怠感を軽減させる治療を抗上手く併用していけば、

体の状態もよくなります。

 

抗ガン剤の副作用による、手足のしびれ、違和感、ふくらはぎの痛み、ツッパリ感などで、

お悩みの方で、鍼治療を試してみようという方は、お電話ください。

相談も受け付けております。

 

電話 06-6170-9671

メールでのご相談は、当サイトの左上にあるメールフォームからお問い合わせください。

 

 

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い