院長ブログ

妊娠9カ月 逆子には鍼灸治療が効果あり

婦人科 投稿日:2014年08月04日

先月、逆子の鍼灸治療で来院されて方から電話。

実は私の鍼灸院は某産婦人科で逆子の鍼灸治療院として
紹介していただいています。

 

今回の方はここの紹介ではありませんが、

ご自身でサイトを見て来院されました。

 

無事、逆子が治り自然分娩ができるようになったと喜びの電話が!!

主治医も驚いていたとのこと。
妊娠9か月 ほぼ、帝王切開になると考えていたようです。

 

うれしいですね。 妊娠9カ月。確率はギリギリでした。
1回、来院されて、あとは自宅でお灸(せんねん灸)をしてもらいました。

 

鍼灸は6割 あとは本人の努力は4割。
逆子には、鍼灸治療は効きます。

 

赤ちゃんの頭と背中の位置によって、お灸の場所は少し変えます。

 

 

帝王切開はできれば避けた方がいい。

 

私の妻は2人の子供を帝王切開で出産しました。

破水して看護婦さんに「もう産まれるますよ!」と言われるが

その後、なかなか出産の兆しなし・・・

 

結局、破水後から24時間以上経過してから危険ということで、

帝王切開に。

 

帝王をしてから便秘、白髪が増える、胃痛、色々と体のバランスの乱れが出てきました。

医学的には問題はないのですが、東洋医学的にはバランスが崩れて当然です。

 

帝王切開に限らず、手術をすれば毛細血管や神経線維は切断されます。

切ったところと、そうでないところで言えば、

当然、切ったところの血液の流れは変わり、

骨盤内臓器の血液の流れが変わります。

 

これについては、また詳しく書いていきます。

DSCN2749

 

 

 

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い