院長ブログ

不妊鍼灸治療の治療費について一言

投稿日:2016年11月16日

2年ほど前から「不妊鍼灸ネットワーク」のセミナーに参加させて頂いてる。

 

リウマチで悩む方の中には、「不妊」の方もおられる。
リウマチと不妊との両方を鍼灸治療で、どこまで対応できるか、学ばして頂いている。

 

この団体のセミナー内容は、とてもハイレベルな内容です。

 

会長の中村先生は、何年もかけて
不妊にどこまで鍼灸治療が効果があるのかを臨床から検証し、
それをセミナーでは惜しげもなく発表してくれます。

 

また、今年の不妊鍼灸ネットワークのセミナーでは
不妊治療を行っている医師や培養士の先生方の話もあり
西洋医学もモーラした内容です。

 

おそらく、不妊鍼灸治療の勉強会では、日本一だと思います。

 

最近、その不妊鍼灸ネットワークのセミナーで使われた資料を、
勝手に使用して、さも、自分が検証したデーターのように見せて、
セミナーを行う輩がでてきたという。
その輩のおかげで、今後、ネットワークのセミナーは縮小すると発表された。

 

 

不妊鍼灸ネットワークでのセミナーでは、
セミナーで得た知識をサイト内で発表したり、
「儲け第一主義」になることを厳しく禁じている。

 

今回発覚した輩は、1回のセミナーをかなり高額な金額で行ってるとのこと。

 

「不妊鍼灸」セミナーは、朝の10時〜夕方の5時まであって、たったの1万円。

 

しかし、内容をパクった輩は、数時間で何倍もの金額でセミナーを行っている。
また、この鍼灸師は鍼灸免許を取得して、4年と少しほど。5年もありません。

 

そんなキャリアで何を教えることができるのでしょうか?

 
自分の鍼灸院で行っている「不妊」の鍼灸治療費も、かなり高額のようだし、
なんだかな〜という気持ちです。

「治療費が高い方が効くんじゃないの?と、思ってしまいます」

こういう思考になってしまうと、ある患者さんが言っていました。

 
不妊鍼灸を行う鍼灸院が最近増えて、価格も釣り上げている院が増えている。
1回の不妊鍼灸の治療費が、1万円、1万5千円。
こういう院もあるが、これも適正価格と言えるのか?

 
高額な値段設定をしている鍼灸院の先生が、
学校を卒業して5年しか経っていないものも目立ちます。
 
治療家でもあり、経営者でもあるので、もちろん
経営的なことを考えるのは重要ですが、
不妊の患者さんの足元を見ていると思ってしまいます。
 
もちろん、安くすればよいというものではありません。
安くすれば患者は喜ぶかもしれませんが、自分の鍼灸院は潰れます。
これは、もう経営ではなくボランティアの世界です。

 
適正価格というものがあると思います。

 

03_16-007

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い