院長ブログ

レーザー治療と鍼治療で不妊治療を

婦人科 投稿日:2017年09月11日

大阪の不妊治療に取り組む鍼灸院の中島です。

最近、妊活中の方からのレーザー治療の問い合わせが増えてきています。

 

数年前まで、私が行ってきた不妊鍼灸治療というものは、

昔から行っているやり方です。

 

しかし、昨年から当院で行う、不妊治療は大きく変わりました。

それは、不妊鍼灸ワークの勉強会に参加したからです。

 

ここでは、鍼灸治療だけではなく、

レーザー治療を導入することで、妊娠率を大きく上げています。

 

会員の先生方のすすめもあり、昨年から導入しました。

 

 

今まで、それほど宣伝のようなことを行っていませんでしたが、

来院された方たちから、

「もっと早くここを知りたかったです」

という声を聞く機会が多かったので、

このブログでも紹介していこうと思います。

 

確かに、妊活中の方の中には、

年齢的にも時間がない方もおられます。

そういう方たちへの力になれればと思います。

 

このレーザー治療器は、

スーパーライザーという低出力レーザー機器というもです。

 

出力レーザー不妊症に使い始めたのは、

この不妊鍼灸ネットワークがはじめではないでしょうか?

 

出力レーザー(スーパーライザー)は、正しい使い方があります。

 

不妊鍼灸ネットワークの会員の先生以外では、

効果的な治療のやり方を知っている先生は、ほとんどいません。

 

 

会に入会するには、4回以上の講習会し(年1,2回)に参加し、

医師国家試験の婦人科の問題を8割正解しないと入会することはできません。

 

より効果の高い治療を提供するために、

入会のハードルが高く設定されています。

 

 

鍼治療と低出力レーザー(スーパーライザー)を併用することで、

着床率、妊娠率を向上することができます。

 

当院では、より高いエビデンス(データーによる客観的な根拠)を

積極的に取り入れた、鍼治療を行っております。

 

気や経絡といった、古典的な治療については、

不妊治療では、一切、行っておりません。

 

鍼灸の研究論文に書かれた、

着床率、妊娠率が高い治療のみ行っております。

 

出力レーザー(スーパーライザー)の料金も

当院の鍼治療の料金(5250円)に

プラス500円、合計5750円で行っております。

(低出力レーザーのみの治療は行っておりません)

 

卵質の向上、採卵成績の向上、

着床しやすい子宮環境作りには、3ヶ月は最低かかります。

 

そのためには、継続が必要なため、

できるだけ高額な値段設定はしておりません。

 

当院の治療をご希望の方、ご質問は、

こちらまで、

電話 06-6170-9671

メールでの問い合わせは、

メールフォームをご利用ください。

http://www.kiyoshi-itami.com/contact/

 

新大阪駅から地下鉄御堂筋線で2駅

江坂駅から徒歩2分の氣よし鍼灸院

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い