院長ブログ

リウマチと不妊治療にレーザー治療

婦人科 投稿日:2019年06月06日

リウマチの患者さん(28歳)が、妊娠し安定期に入ったため、
当院の鍼治療も終了。

 

もともと、当院にはリウマチで通院されていました。

両方の肩関節、手首、手の指と痛みは腫れている状態。
鍼治療をスタートしてから、3ヶ月後には症状が安定しました。

 

リウマチが、よくなってきた頃、
子供が欲しいがなかなかできないとの相談を受けました。

 

リウマチの方の場合、CRP(炎症反応)が高い人は妊娠しにくくなります。

しかし、ここはクリアーになっているため、
レーザー治療と鍼治療との併用をすすめました。

 

ついでに、この方が通院されている病院のやり方に
不満をお持ちのため、私が所属している、
日本生殖鍼灸標準化機関(ジスラム)の顧問をしていただいている
病院に変えてはどうかと提案しました。

 

病院を変えて検査をすると、多嚢胞性卵巣症候群が発覚したが、
治療するほどではないとのことなので、
そのままで、1回、人工授精を行うが、
うまくいかないので、ステップアップで体外受精に。

 

移植の4ヶ月前からから、
レーザーと鍼治療との併用でしていたこともあり、採卵は16個取れました。

 

 

この低出力レーザー機器は、病院でも取り入れはじめています。
当院でも、3年前に導入してから、妊娠の成績は上がりました。

 

リウマチもよくなり、妊娠もでき、
一安心です。

 

 

 

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い