院長ブログ

しっかり考えて

医学・医療 投稿日:2014年11月05日

今日は哲学の話です。
「哲学」と聞いて「面倒くさそうな内容だな~」と思う方は、
読むのスルーしてください。

 

しかし、誰かに騙される機会が増えると思いますよ。

 

 

この2年間は哲学書を中心に本を読んできました。

 

アリストテレス、プラトン、カント、ヘーゲルなどなど。
特に弁証法を学んでからは、世の中の見方が大きく変わりました。

 

僕にとっては哲学は武器です。
騙されない、信じ込まされない、
自分で考えて行動するために必要なものです。

 

考える力が無い人にとっては、狭い世界しか見ることはできません。
ケン・ウィルバーの言う「フラットランドの住人」になってしまいます。

 

フラットランドの住人とは「平らな世界」しか見えない世界のことです。

 

空も見えないし、底も、横幅もない世界。
「空は青いよ」と言ってもここの住人には見ることはできません。

 

● どちらかしかしていないからよくならない

 

・・・の病気が~のサプリで治った、自然治療で・・・が治った。

~が温めて治った、薬は悪です。

 

または、薬や西洋学しか見えない人、点滴信仰者。

 

どちらかに偏っていませんか?

 

どちらかの治療だけを選び、症状がよくならない人は、
今の状態のままではよくなりません。
何かを足す必要があります。

 

薬を否定して自然治療がすべてだと思うあなたへ

 

自然療法、イメトレ、民間療法だけ、サプリだけで本当になるのか?
治ったという人に実際に会いましたか?

 

 

薬、西洋医学がすべてだと思うあなたへ

 

医者の話すことは正しいのですか?
大学病院の治療法ほうがいいのですか?
個人開業医の病院ではなぜダメですか?

 

大学病院の医者で教授という人は臨床もしっかり診てくれるのですか?
薬だけでリウマチは治るのですか?
本当に一生薬を飲まないといけないのですか?

 

どちらも知った上で、選べば問題はありません。
しかし、片一方しか見えないのはいけません。

 

目は2つあります。
両目を使って世界をみてください。

 

そうでなければ、正しい世界を見ることはできません。

 

DSCN2749

 

院長ブログ一覧に戻る

お問い合わせはお気軽に 06-6170-9671 メールはこちらから

最新の投稿

テーマ

月別アーカイブ

ブログ週間ランキング

はじめての方へ

他院との違い